HOME » 失敗しないビル投資のための基礎知識 » ビル経営のメリット

ビル経営のメリット

本ページでは、ビル経営、マンション経営を行うことにどのようなメリットがあるのかについて掘り下げて解説していきたいと思います。

ビル経営、マンション経営を行うメリットとは?

端的に言ってしまいますと、ビル経営やマンション経営といった不動産投資は、株取引や外国為替取引(FX)、先物商品取引といった他の投資に比べてリスクが低く、定期予期よりも大きな利回りが期待できるという特性があります。
逆に言えば、株やFX、先物などに比べれば、大きなリターンは期待しにくいというものでもあります。しかしこれはデメリットと言うよりも、メリットとして捉えてよいでしょう。

未だ不透明な状況が続く経済環境においては、将来に備えてハイリスクハイリターンな投資よりも、「着実性」「安定性」といったものを重視される方が多いことでしょう。
その点、ビル経営やマンション経営はまさに、うってつけと言えるのです。また、株やFX、先物といった投資に比べれば、専門知識を習得しなければならない度合いも低くなります(決してゼロではありませんが)。

そして何より魅力的なのは、一度経営が軌道に乗れば、長期間に渡って不労所得が得られるという点に尽きるでしょう。
それこそ資金をお持ちの方であれば、本業を行いながらサイドビジネスとして副収入を増やしていけるのです。より具体的な、メリットとしては以下のような点が挙げられます。

テナントビル経営の場合

  • 住居用賃貸マンションに比べ、より高い家賃設定が可能で高い利回りと収益性が期待できます。
  • 更地での土地所有や駐車場経営に比べ、相続税が約2割程度軽減されます。

マンション経営の場合

  • 収益の安定性に長けており、老後の私的年金としての期待が高まります。
  • 所得税、固定資産税、都市計画税、相続税を大幅に軽減することができます。
  • 住宅ローンに付帯する団体信用生命保険に加入することで、生命保険の代用になります。

以上の通りビル経営、マンション経営には比較的リスクが低く、安定した収益が見込めるという大きなメリットがあります。
しかし、上記の通り、ひと口にビル経営といっても、商業用テナントビル経営の場合と住居用マンション経営の場合とでは、その性質がやや異なります。
この点については「建物別 ビル経営の極意」内の各ページで詳しくご説明していますので、そちらを参照してみてください。

もうひとつ付け加えておきますと、ビル経営やマンション経営も投資のひとつである以上、株やFXほどではないですが、リスクは存在しています。

経営成功のためにも、こうしたリスクを予め理解しておくことは不可欠です。詳しくは「考えられるリスクと対処方」のページで詳しく述べていますので、ぜひご覧ください。