HOME » 必読!収益ビル取得ガイド » 優良な不動産会社の選び方

優良な不動産会社の選び方

ここでは、ビル経営において重要なステップと言える、不動産会社選びに失敗しないポイントについてまとめています。

ビル経営の重要ステップ-不動産会社の選び方

ビル経営を成功させるには、信頼できる不動産会社との出会いと綿密なパートナーシップが不可欠です。

一方、巷には不動産会社はいくつもあり、どの会社を選んでよいか分からないという方も多いことです。
もちろん、適当に選んでしまうのは禁物です。
では、具体的に、不動産会社を選ぶポイントについてご紹介していきましょう。

コンサルタント能力は高いか

不動産投資を始めるにあたり、物件取得予定エリアの賃貸状況や相場、どのような物件に人気があるのか、どの程度の入居率が期待できるのかなど。
投資家にとって有益な情報をしっかり提供してくれる業者であればポイントは高いといえます。

スタッフの対応や親身さ

スタッフの良し悪しは、会社概要を見ただけでは分かりません。
規模や実績が立派だったとしても、対応がいい加減だったり、誠意のない業者は避けるべきです。
いざという時に、そのような業者では信頼して相談はできません。
逆に、顧客への対応が迅速で、親身になって相談にのってくれるようなスタッフが多ければ安心です。

投資物件を豊富に幅広く取り揃えているか

単に収益物件の取り扱い数が多いというだけでなく、例えば大小様々な規模、都心と郊外、ビル一棟から区分までといった具合に、収益物件を幅広く取り揃えている業者はポイントが高いと言えます。
投資者への選択肢が多いことはもちろんですが、例えば性質の異なる3つの収益物件に投資するという選択肢が生まれリスク分散できるという観点からも、ポイントが高くなっています。

海外の投資物件を扱っているか

上記の物件の豊富さに関連して、国内だけでなく海外の物件も扱っている業者は、リスク分散の観点から、よりポイントが高くなります。
円だけでなく、異なる海外通貨での不動産投資は、リスク分散の観点からも非常に有益かつ重要と言えます。
特に今後、インフレや円安が起きた場合には、その恩恵がより大きくなると予測されます。

入居募集や賃貸管理業務を一元管理してくれるか

入手した収益物件の入居者募集や賃料回収、各種の管理業務といった業務までワンストップで行ってくれる業者であれば、オーナーの手間を大きく軽減してくれます。
また、将来的に物件のメンテナンスやリフォームなどが必要になった場合でも、それらにノウハウのある会社であれば、より安心と言えます。

ユーザーの支持が高いか

その業者を利用した人たちが再利用したリピート率や、知人などに紹介した紹介率が高ければ、その業者と顧客との信頼関係が高いと推察できます。
例えばリピート率が6割を超えているような業者であれば、かなり信頼度は高いと言えるでしょう。